--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.31

2種類の涙の繰り返し

学校がクローズする最後の一週間は、いろんなところで挨拶する場がありました。

最後の職員会議で、最後の夜に生徒の前で、そしてひとりひとりの先生へ。

私の弱いというか、子供なところは、こういうときに必ず、涙してしまうところです

職員会議では、最後に時間をもらって、これまでの感謝の言葉を述べました。

もう、途中から、オエオエしちゃって、しゃべれない

同僚にも、

『もうわかったから、落ち着いたら喋ればいいから

と言われる始末。

目の前のおばちゃん教員は、私につられ泣きしていて、私もそれを見てさらにオエオエ(笑)

でもなんとか、自分の気持ちは伝えられたと思います。

自分でも動揺しちゃって、最後に写真撮るの、忘れちゃうし。。

ま、挨拶はできたし、いいかっ

写真2
小学部の教員と
いつもケンカをしちゃう、この男性教員
(だって、いいかげんすぎなんだもん。。)
でも冗談も言いあえるようになり、今では大切な同僚のひとりです。



生徒には、最後の夜に、ダイニングホールで挨拶しました

本当は、次の日の朝でいいか、と思っていたのですが、生徒が20時頃家に迎えに来て、みんなの前で話をしてほしい、とのことだったので、さよならを言いました

あんまり長くしゃべるとまた泣いちゃいそうだったので、

「ありがとう」と、

「9月15日にJamasiをたちます」と、

「みんなのことが大好きです」くらい。

みんなも、

「ありがとう」

「大好き!」

「いつ戻ってくるの」

っと言ってくれて、幸せでした



そして、学校クローズの日

60人ほどいる教員ひとひとりに、メッセージカードを書いて、渡しました。

夜にメッセージを書いてる時に、日本の学校の退職時のこと思い出しました

あの時も、お世話になった教員へメッセージを書いたんですが、ここガーナでも、お世話になったと思える人がたくさんいることに、幸せを感じました。

「かなえ、メッセージありがとう!」

「さみしいよー」

「よくみんな分書いたね」

って、言ってくれる教員が多いなか、

ある一人の学校スタッフ(教員じゃないんだけど)に、こんなことを言われました。

「へー!この小切手(メッセージ)を銀行に持っていくと、いっぱいお金引き出せるの?」



いつもは、こういう心無いジョークは笑ってすかしたり、はいはいって聞いてるんですが、その時は体調も良くなくて、疲れてたのもあって、心に余裕がなくて、さらっと流せませんでした。。

「じゃあ、返してください」

と静かに言う私。

「小切手じゃないの、これ」

と相変わらずの、その人。

そのうち、そのやり取りを聞いていた違う教員が、

「かなえ、ごめんね。ごめんね。」

と何回も謝ってくれて、その「ごめんね」を聞いたら、涙が止まらなくなっちゃって、

「だいっきらい

と、その学校スタッフに捨てゼリフを言って、家でまた泣いちゃいました

ガーナに来てから、こういう悔しい涙と、嬉しい涙の繰り返しだったなぁと思います。

でもガーナに来たばかりのころの私と違うところは、

『ガーナ人全体が悪いんじゃなくて、いいガーナ人もいれば、悪いガーナ人もいる』

ということがしっかりわかっているところだと思います。

2年弱たった今、信頼できる人、一緒に笑える人、相談できる人、言い合える人が増えました。

そういう人と過ごす、残りの2ヶ月を大切に、そして感謝の気持ちを伝えられたらいいなぁと思います

あー

それにしても、あの学校スタッフに泣かされたことが、めっちゃ悔しいです

今度絶対嫌味言ってやるー



そんなとってもガーナらしい最後の日が終わり、生徒たちは帰って行きました

本当にありがとう

P1050207.jpg

P1050218.jpg

P1050229.jpg

学校が始まったら、早く帰ってこーい
スポンサーサイト
Flashカレンダー
プロフィール

kanae714

Author:kanae714
2010年11月から、ガーナのろう学校で働いています。
現地語のチュイ語も、ガーナ手話も、ガーナで一人暮らしも、すべてが初体験・・・
日本人がいないこの町で、体験したこと、学校のことなど、書いてみます。

最新記事
AKWAABA!!
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。