--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.16

サソリ 刺された アフリカ

これは、私が最近google検索した言葉・・・

はい。。。

刺されました。。。

私の家の前で。。。

生徒が。。。



それは、ある土曜日

朝ランをして帰ってくると、生徒が、

『昨日約束した、折り紙やろ~

と、家の前で待っていました。

『おっけ~

ということで、シャワーを浴びて、家の前の階段で、折り紙を始めました

P1030949.jpg

こんな感じで、私の家の扉をあけると、階段になっています

ここに座って、生徒と遊んだり、洗濯したりしています

この階段隣の植木のところに、サソリが潜んでいて、遊んでいた一人の生徒が刺されました

黒い、20センチくらいあるサソリ・・・

すぐに他の生徒が大きな石を持ってきて、潰して殺しましたが、私は大慌て

サソリに刺される→毒が回る→死

やばいっ

と、急いでハウスマザー(寮母さん)や学校に住んでいる他の教員に知らせに行きました

『この子サソリに刺されました
 私サソリを見たから、ウソじゃありません

しかし、寮母さんや他の教員は、慌てず。

『えっサソリに刺されたら毒がまわって死んじゃうんじゃないのっ

と、恐る恐る聞くと、

『サソリに刺されると、すっごく痛いけど、毒はそんなに強くないんだよ
 北にいる黄色いサソリには注意しないとだけど。』

と。

でも、すんんんんんんごく痛いらしい

『ほんとごめんよー

心配だったので、一緒に病院に行ってきました

病院に行くまでも、

保険証がない、

車のドライバーの携帯がoffだとかで、

小一時間。。

病院についてからも、

やる気のない看護師がだらだらバイタルや、なぜか体重測定、

医師が来るまでにもすんごく待たされ、

事件発生7時、病院から帰ってきたのは、昼過ぎでした。

いくらガーナ人が大丈夫だといっても、死んじゃったらどうしようと心配になり、

看護師隊員のかなちゃんに聞いてみたり

家に帰ってからネットで調べてみたり、

しばらくはめっちゃ心配でした

でも次の日のごはんは、もう食堂でみんなと食べていて、今日も元気で、ほんと安心しました



最近、ガーナは雨季なので、生き物たちの行動も活発です。

今回のサソリも、雨季のせいで生い茂った草の中に隠れていて、見えなかったので刺されてしまいました。

一昨日なんか、でっかい蛇が4匹も学校内で見つかりました

(カトラスというガーナの斧で、真っ二つにされたそうです

トカゲの赤ちゃんもよく見るし、カエルの声もすごいです

恵みの雨だけど、サソリとか、蛇とか、カエルとか、苦手なので、ちょっと怖いです



そんな私も、ついに『帰国の手引き』をもらっちゃいました

帰国までに提出すつ書類のことや、帰国便のことなど書いていて、帰国が本当に現実になってきました。

そして、来週は、お世話になった、22年度1次隊が帰国されます

本当に、楽しい思い出や、いろんなアドバイス、ありがとうございました

お見送りには行けませんが、またジャパンで会えるのを楽しみにしています

Safe journey and see you again in JAPAN!!
スポンサーサイト
2012.06.08

6月は別れの季節?

先週きらしたガスを、まだ補充できないでいます

隣町のガス屋さんは、ずーっとNo Gas

なので、自炊できません。。

そろそろ外食にも、飽きてきました

なので、チャコール(炭)に手を出そうかと、考え中です。

サバイバル女子(笑)



6月に入って、私の信頼できる仲間、友達が、次々にここジャマシから去って行きました

まず、大学4年生で教育実習中(といってもほぼ1年)だった2名の教員、ヤエボアとジョージ

P1040774.jpg

彼らは小学部4年の担任をしていて、一緒にICT(コンピューター)の授業をしていた人たちでした。

すごく熱心で、情熱に溢れていて、こんな人たちが先生だったら、Deafの子たちも幸せだろうなぁと、思える先生たちでした

生徒たちの食事の時間に、ダイニングホール(食堂)に行くと、必ず彼らはいて、生徒たちを見守っていました。
(学校内に住んでいる先生でも、毎日は食堂に顔をだしません。
 たとえ、当番でも、来る教員はほとんどいません
 生徒同士のトラブルは多くて、先生の指導が必要な時は多いと思うのですが。)

食堂で会うと、一緒にいろんな話をした、彼ら。

一緒に、同じ鍋からフフを食べたこともあったなぁとか、思い出すと、さみしくてしょうがありません。。。

I miss you!!! マフェオパパー!!

そして、彼

ホストブラザーのボガもいなくなってしまいました

P1010976.jpg

4月のBECE(ガーナの中学卒業試験&高校受験的な試験)を終え、彼の実家のある街へ帰って行きました。

彼は、私がガーナに来て不安いっぱいのなか、すごく癒される存在でした。

恋の話や神様の話とかいろんな話をして、日本のことにすごく興味をもってくれたから、日本語も覚えて

写真は、彼が彼の彼女とわたしんちに遊びに来たとき

彼の言う、『ガッコ、いってきま~す』とか『すご~い』とか、聞きたいなぁ

Why did you leave me alone at Jamasi??

そして、もう一人

校長先生宅で働いていたシスターバドゥ

P1040804.jpg

真ん中の彼女です。

彼女も、一昨日故郷に帰って行きました

いつも彼女に朝あいさつするのが日課になっていたのに・・・

もう、校長先生の家の前で、一緒にご飯食べたり、チュイ語で話したり、できなくなる~

そしてみんないなくなっちゃう~って思ったら、彼女に別れを言う時に、泣いちゃいました(笑)

28歳にもなって、人前で泣いちゃダメだ

と思えば思うほど、涙が止まらなくて、困りました

ガーナ人は、別れとか、日本に比べてすんごくあっさりしてるように思います。

明日はもう遠くに行くから絶対会えないのに、「また明日~」って言われたりします。

でも、そっちのほうが、しんみりしなくていいのかな



こんな感じで、大切な人たちが次々と私の元を去っていき、今週は寂しい気持ちでいっぱいでした

そんな気持ちを察してか、オブアシから友達が泊まりに来てくれました

P1040811.jpg

手話を通じて友達になったプリシラです

もしかしたら、今回が最後だったかもしれない、と思うと、もっと写真とか撮ればよかったと思います。

そろそろ、いろんな人との最後かもしれないと、考えないといけない時期なんだなぁ

お世話になった人たちに、ちゃんと、感謝の気持ちを伝えて、日本に帰りたいです
2012.06.01

ショックでイライラでイジイジでホッコリ

今日は朝からショックな出来事

朝ごはんのスープを作っている途中で、ガスが切れてしまいました

野菜も全部切り終わり、これから煮込むぞってときに、フィニッシュ

ガス屋さんにガスパンを持って行ってガスを補充しなければ、もちろん使うことはできません。。

えーい

スープ、完成せず。そして、飲めず。

P5032836.jpg

暑すぎて、水たまりでぐたーっとしているこの豚さんのように、どうにでもして~っていう感じに、力が抜けました

そして、力が抜けて歩いていたからか、サンダルの鼻緒が切れ、またまたショック・・・

今日一日はお風呂用サンダルで過ごすことに・・・

その後、小学部6年・4年の授業を終え、先生たちへのPC教室

そこでは、先生たちへの態度にイライラ

もう教え始めて1年半以上。

以前よりだいぶなあなあになってきたので、前タームに一度、

『こんな感じならやめませんか?』

と提案したところ、

『私たちは学びたい教えて

という意思表示があったので、今日から再開したのですが、どうみてもやる気が感じられない

イライラ。。

ガーナでイライラを溜め込んでも、意味がないので、イライラを出してみると、案の定、

『カナエは疲れてるのよ



ちがーう

私はあなたたちの態度にイライラしてるんだぁー

という気持ちがうまく伝わらずイライラ、そして、自分の教え方にも問題があるんだとイジイジ落ち込む

そして放課後、今朝なくなったガスを入れに行こうとすると、今日は Noガス・・・

P1040209.jpg
しゅん

もーやだー

でも鼻緒の切れたサンダルを修理しなきゃだったので、ジャマシの町へ出かけました。

いつも、通りかかると挨拶やおしゃべりをする、サンダル屋さん

若いお兄ちゃんと、足に障がいのあるおじさんが、いつも椅子に座ってサンダルを作っています。

『これ、切れちゃったー直してー

『ヤー(私のガーナネイム)。こんなに古いの履いてるのか?新しいのあるから、ここから選びなー』

『でも・・・』
 (私が新しいの買えば、お金が入るから、勧めてくれるんだろうなぁ)

でもサンダルが古いのは本当だし、せっかく買うなら、仲良しの彼らから買おう

と、まだできたてホヤホヤのサンダルのなかから、紺の小さいお花がついた、かわいいサンダルを選びました

『これシンプルで好きこれにするおいくらですか?』

と聞くと、

『お金なんていらないよ持って行きなー
 『似合ってるよこれ履いたら、きっとboyfriendもできちゃうよ
 『いつも寄って、話してくれてありがとう

と・・・

私のヤサグレていた心は、一気にほっこり

というか、なんか泣きそうでした。

落ち込んでる時に人に優しくされると、ほんと心に染みますよね

そのあとも、町で知り合いに会って話したり、知ってる子どもに『かなえー』って可愛い声で呼ばれるだけで、いちいちジーンとしちゃいました

けっこう落ち込んでたんだなぁ(笑)

学校の活動では、やっぱり仕事と一緒で、くやしいこと、落ち込むこと、辛いこと、イライラすること、納得いかないこと、反省すること、いっぱいあるけど、

その度に、誰かに助けてもらっているなぁと、すごく感じます。

落ち込んで、気晴らしに外に出て、余計イライラして帰ってくることも、もちろんありますが(笑)

ということで、今日は、いろいろあったけど、いい一日でした

P1040250.jpg
学校から、ジャマシの町への道。

この道を2・3分歩くと、左手にサンダル屋さん、そしてジャマシの町があります

あと何回この道を通れるんだろなぁ
2012.05.30

神様という存在

私にとっての、ガーナでのラストタームがスタートし、今まで以上に授業をひとつひとつ大切にやってます。

はじめっからひとつひとつ大切にしなきゃなのに・・・

今思えば、もっとできたはずなのに、と思ってしまう・・・

なまけものダメ人間ですね



ガーナに来て、自分の感覚が変わってきた、と思うところがあります。

それは、『神様』という存在

今まで、あまり意識したことのなかった神様という存在。

そりゃあ、日本でも、神社にお参りに行ったり、何か願い事を神様にしたり、してました。

でも、ガーナでは、

事故も、

災害も、

停電も、

不意に起きた幸運も、

不運も、

すべては、神様の思し召しなのです。

ニャンコポン、ニャメ、アウラデ、オツムフォ、ウェレデゥアポン。

これらすべて、チュイ語で『神様』という意味です。

また、

ニャメマアチナ(一日の最後によく言う言葉。神様が明日を与えてくれる、という意味。)

ニャメンシラオ(神のご加護がありますように、という意味。)

ニャメコ・・・?忘れちゃった(遠くに出かけるときに言ってくれる言葉。神様が道中守ってくれるでしょう、という意味。)

これだけたくさん『神様』という言葉があるように、ガーナでは、神様の存在が大きいです。

自分の失敗なども『神様』のせいにする時があり、

(だって、遅刻とかも神様が・・・と言われる)

(日本で起こった地震も、神様の怒りが・・・と)

それには毎回イライラしますが、

私の感覚にも、この『神様』という存在が入り込んできています。

例えば、

乗っている車が事故りそうになったり、事故現場を見ると、

『ジーザス』

とか、

『アウラデ(チュイ語で神様の意味。)』

と、思ってしまいます

『神様、どうしてこのような試練・苦しみを与えるのですか』

的な。笑

停電と断水が3日以上続いたときは、本気で、神様~~お願いです<(_ _)> と、心から祈りました

そして、電気が復活すると、

また、無事に旅を終えると、

心から、

『Thank God=神様に感謝します

と思うのです

それに、タクシーやマーケットでお金を騙された時とかは、

『God know everything=神様はすべてを知っている

と、捨て台詞をはき、

人に親切にしてもらった時は、必ず、

『ニャメンシラオ=God bless you=神のご加護がありますように

と、心から思い、伝えるのです

決して、キリスト教になったわけではありませんが、

流されやすい自分なので、ガーナにどっぷり浸かっているだけでしょう

そして、こういう感覚も、日本に帰ったらあっという間に忘れて、日本に馴染んでしまうでしょう。

そう思うと、寂しいので、今はとことんガーナに浸っていようと思います

P1040555.jpg
花の4人組
2012.04.06

イースターホリデー

金曜日の今日から、月曜日まで、イースターホリデーで、4連休です

イースター、復活祭

ガーナでは、クリスマスに並ぶくらい大きなイベントです

だから、ガーナ人は毎日教会へ行ってお説教を聞いて踊ったり、キリストの復活を祝い、七面鳥買ってきてさばいて食べたり

私も昨日の夜に、一足先に教会へ行ってきました

手話通訳士もいる教会なので、たまに手話を勉強しに行っています。

ガーナドレスを着て、ガーナ人の友達にもらった聖書を持って

想像できなくて笑っちゃいますよね?(笑)

お説教はすべて現地語なので、ほぼ、わかりません。。

でも、何小節目のお説教なのかを言ってくれるので、そのページを聖書で見て、手話通訳を見て、なんとなく何を言っているのかわかります

昨日は、このパンが私の身で、このワインが私の血だから、私がこのパンとワインをあなたにあげるということは、契約なのだ・・・・・・・・・・・・・

的なことを言ってました

キリスト教になじみのない私は、さっぱり理解できず

でも教会に行くと、

「あ~、あなたもこの教会なの?」

と知り合いに会ったり、

「お~、デフスクールで先生してるのか」

と顔見知りになったり、

「お~、日本人なのによくやっている

となぜか褒められたりして、

なんか日本で言うご近所付き合いっていうか、社交場的な役割であるように思います。

毎週行くわけではありませんが、余裕があるときには顔を出したいなぁと思っています



さて、今日から4連休

遠くで活動している友達3人が遊びに来てくれるので、私の任地やクマシを案内したり。

そして、少し遠出して滝を見てこようと思います

よわよわしくない女子ばっかりだけど(笑)、久しぶりの女子会、たのしみです

P1040244.jpg

Flashカレンダー
プロフィール

kanae714

Author:kanae714
2010年11月から、ガーナのろう学校で働いています。
現地語のチュイ語も、ガーナ手話も、ガーナで一人暮らしも、すべてが初体験・・・
日本人がいないこの町で、体験したこと、学校のことなど、書いてみます。

最新記事
AKWAABA!!
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。